Top > 海外留学住居体験談 > ルームシェアで驚かれた実話

ルームシェアで驚かれた実話

留学時に留学先で知り合った友達と話したり、日本の友人と電話をしているとルームシェアの話が1番驚かれます。

 

シカゴでの留学生活は、学生寮の時はまず、食事が大変でした。
海外の留学先ではお金をチャージ出来るカードがあります。
今でいうSUICAみたいなものです。

留学時は、そのカードで好きな物を買うというものでした。

 

ただ大学内の食堂はファーストフード・サラダバー・売店・アイスクリーム屋だけでした。
アメリカでの留学生活のスタートは、毎日ファーストフードばかり食べていました。

さすがにきつかったので半年で退寮しました。
ちなみに部屋は同じ日本人の子で英語クラスに通っていたのでよかったのですが、他の子はネイティブの子と同じ部屋になったりして、勉強や授業の終わる時間帯の違い、また、文化の違いに悩んでいました。

 

留学生活の2度目の住居は、ルームシェアでした。
友達からちょうど、ルームメイトを探していると聞いて、その話に飛びつきました。
たいていはルームメイト募集があると面接みたいなものをして、フィーリングがあえば交渉成立となります。

 

ルームシェアでの実話ですけど、私が一緒に住んだのは韓国人の男の子3人とトルコ人の男性1人のところでした。
この事を話すとみんな本当にビックリします。きっとあなたも驚かれたことでしょう。
でもですね、留学先でのルームシェアでは一度も危険な目にあった事はなく、みんな妹のように可愛がってくれたんですよ。

海外留学生活体験談について

海外留学へひとりで行くと、悩みだってそれなりに出てきます。私が留学生活の体験談を公開しますので、留学時の参考にしてくださいね。

もし英会話が本場で通じるか不安な方は、女性限定の英会話スクールへ行っておくとリラックスしながら現時点での英会話のレベルが確認できますよ。

今なら無料体験レッスンが女性限定・初心者専門の英会話スクールで体験できるから羨ましいです。

海外留学住居体験談

留学先での住まいの体験談をリアルにお伝えします
関連エントリー
ホストファミリーに恵まれルームメイト探しのアドバイス留学中にあった不動産屋での出来事留学先での英語上達法ルームシェアで驚かれた実話挫折そして自分で手続きニュージーランドでの体験談