Top > 海外留学住居体験談 > ホストファミリーに恵まれ

ホストファミリーに恵まれ

留学生活も長くなり、一旦日本に帰国しなければならなくなりました。しかし、必ずアメリカへ帰ると決意もしてました
留学先ではホストファミリーに恵まれて、心の底からエンジョイすることが出来たんです。今回はそんなホストファミリーとの話をします。

 

 

留学先のアメリカから一旦帰国した理由は、費用の問題でお金がなくなってしまった為、1年間の休学届けをだし、日本でお金を稼ぐためだったんです。
アパートの家具もみんな売り、多少の荷物を友達に預けて帰国しました。
1年後に私の選択した住居はホームスティでした。理由は、あと少しで学校も終わるし、お金の面でもホームスティのほうが安かったからです。あるホストファミリーと出会うまでは・・・

 

 

留学先での経験を生かして、アメリカの友達から情報を集めました。すると留学生からとても人気のあるホストファミリーを紹介してもらう事が出来たのです。その人はビジネスとして家を留学生に提供してくれている人で、留学生のプライバシーに踏み込んでこない人でした。

 

ホストファミリーとの生活は、月曜から金曜までの食事付きで1ヶ月$250でした。料理も美味しいと聞いていたのですが、本当においしくて、毎日晩ごはんが楽しみだったのが懐かしいです。
地下に3部屋あり、そこに留学生がいました。トイレ・シャワー・リビングルームが地下にもあり、そこで留学生は生活できました。帰宅時間も何時になっても何も言われず、ご飯を食べるか食べないかを伝えれば、あとは自由にさせてくれるんです

 

でも、ほっぽらかしなわけではなく、体調が悪い時は看病してくれたり、困った事があると助けてくれて、本当にいい家族でした。ただ自由で何してもいいのかというと、そんな事はなくて、もちろんこの家族との間にも決まりごとがありました。

掃除分担や、家のルールなど、しっかりと守るべき事は守っての自由ですから、その辺は間違えないように。もし、またアメリカに留学する事があるなら、私は間違いなく、アパート暮らしではなく、このホストファミリーのもとに来るでしょうね。

 

お世話になったホストファミリーは、卒業式の為に1週間アメリカに再入国した時も、数日こころよく泊めてくれて、美味しい料理をご馳走になり、卒業式にも出席してもらいました。

 

 

留学先での私の住居体験談は以上です。少しはお役に立てそうでしょうか?
大切なのはあなたの求めているものと一致するかどうかです。これがダメであれが良いというわけではないと思います。あなたにぴったりな住居が見つかるといいですね。

海外留学生活体験談について

海外留学へひとりで行くと、悩みだってそれなりに出てきます。私が留学生活の体験談を公開しますので、留学時の参考にしてくださいね。

もし英会話が本場で通じるか不安な方は、女性限定の英会話スクールへ行っておくとリラックスしながら現時点での英会話のレベルが確認できますよ。

今なら無料体験レッスンが女性限定・初心者専門の英会話スクールで体験できるから羨ましいです。

海外留学住居体験談

留学先での住まいの体験談をリアルにお伝えします
関連エントリー
ホストファミリーに恵まれルームメイト探しのアドバイス留学中にあった不動産屋での出来事留学先での英語上達法ルームシェアで驚かれた実話挫折そして自分で手続きニュージーランドでの体験談