Top > 海外留学住居体験談 > 留学中にあった不動産屋での出来事

留学中にあった不動産屋での出来事

留学生活で初の一人暮らしをしようと決心しました。
しかし拙い英会話しかできず、当時付き合っていたアメリカ人に助けてもらって不動産屋と交渉しました。
このとき、片言の英語ではいかに相手にされないかを痛感したのです。

 

 

 

契約を結ぶ為に不動産屋の事務所にいた私は、女性事務員の人が電話で話しているのを聞いていました。

電話の相手はどうやらアメリカ人ではなさそうで、何度も聞き返していましたが、女性事務員の人は『英語が話せるようになったらまたかけ直してちょうだい。』と言って、冷たく電話を切ってしまいました。
そして私と目が合うと、両手を上に上げるようなしぐさで肩をすくめたのです。

 

 

全く、手間をとらせないでよねぇ~・・・そういってるように私には見えましたが、学校やホストファミリー、守られてる場所以外での留学生や英語がしゃべれない人への対応は本当に冷たいものだと留学生活中何度も見てきました。

 

 

 

さて、本題に戻りますが、例え海外の留学先であっても、アパートの一人暮らしで必要な家具などは学校の掲示板や友達の情報で中古を安く手に入れる事ができます。
留学先での交友関係は大事だと心得たいですね

おかげ様で学校からも近く、バス停も近く、車を持ってなかった私にとってはとても便利な場所にアパートを見つける事が出来ました。

海外留学生活体験談について

海外留学へひとりで行くと、悩みだってそれなりに出てきます。私が留学生活の体験談を公開しますので、留学時の参考にしてくださいね。

もし英会話が本場で通じるか不安な方は、女性限定の英会話スクールへ行っておくとリラックスしながら現時点での英会話のレベルが確認できますよ。

今なら無料体験レッスンが女性限定・初心者専門の英会話スクールで体験できるから羨ましいです。

海外留学住居体験談

留学先での住まいの体験談をリアルにお伝えします
関連エントリー
ホストファミリーに恵まれルームメイト探しのアドバイス留学中にあった不動産屋での出来事留学先での英語上達法ルームシェアで驚かれた実話挫折そして自分で手続きニュージーランドでの体験談