Top > 留学恐怖体験談 > チャイナタウンでの実話

チャイナタウンでの実話

海外での留学生活では、ダウンタウンはやはり郊外のようには行きません。1ブロック先を歩くのをためらう事も沢山ありました。
4人とルームシェアをしていた時のアパートは3ブロック先からは黒人街でした。

夕方には怖くて一人では歩けません。そして、昼間でも一人で歩けば、犯罪に巻き込まれても文句が言えないような場所だったと後日知りました。
留学生活をしていた時の怖かった体験談を数回に分けてお話します。海外留学をする前にチェックしておいてくださいね。

暗い道には行かない事、これは私の友達が経験した話ですが、この話を聞いた私達は「それはあなた(友達)が悪いよと」言いました。

友達はもう一人の台湾人の女の子と2人でチャイナタウンに行ったそうです。
時間は夜の7時を回っていました。チャイナタウンはダウンタウンのはずれにありました。

車で出かけた彼女たちは駐車場を探しましたが満車で他の場所を探していたそうです。
そして、チャイナタウンを少し外れたところで駐車をして、車から降りた瞬間に頭に銃を突きつけられ、持っていたバックを盗られてしまいました。
運良く犯人はそのまま逃走して彼女たちは助かったのですが、金品は盗られました。

急いで警察に届けて、盗難の手続きをとり、後日バックは見つかったそうですが、お金は盗られたままでした。

海外留学生活体験談について

海外留学へひとりで行くと、悩みだってそれなりに出てきます。私が留学生活の体験談を公開しますので、留学時の参考にしてくださいね。

もし英会話が本場で通じるか不安な方は、女性限定の英会話スクールへ行っておくとリラックスしながら現時点での英会話のレベルが確認できますよ。

今なら無料体験レッスンが女性限定・初心者専門の英会話スクールで体験できるから羨ましいです。

留学恐怖体験談

海外留学中に実際に起きた恐怖体験談をお話します。あなたも留学前には読んで、予習しておいてくださいね。
関連エントリー
留学に希望を持って留学先ではポケットに手を入れるな狙われやすい留学生外国の電車ではチャイナタウンでの実話