Top > 留学恐怖体験談 > 留学に希望を持って

留学に希望を持って

ここまで留学生活での色んな怖い話を書いてしまいましたね。しかし、本当にルールさえ守っていれば危険な事はとても少なく、留学ってむしろ思っていたよりも安全だなと感じると思います。とても希望に満ちています。

実際に留学先では私も、ダウンタウンで夜の電車に乗った事もあるし、夜に町を歩いたこともあります。ただそれには、電車には男の人と一緒に乗ったり、明るい安全だとみんなが知ってる通りを歩いたりしました。

なぜ留学先での恐怖体験を話したのかというと、これから留学するあなたにとっては、知らないより知っていたほうがいいと思ったからです。
そうそう、最後に注意事項をひとつ。留学先では観光客のような服装をしない事です。
海外では観光客は狙われやすいです。

カバンなどを持ったりリュックをしょったりして薄暗い通りなどを歩かない事です。
リュックなどは後ろから狙われやすいですしね。

留学先での生活で、私は夜、ダウンタウンに出かける時はお財布は持っていきませんでした。
行く場所にもよりますが、クラブやレストランに行く時は小さな小銭入れなどに必要なお金だけを入れて持っていったりしました。

留学生活で勉強のみ、学校と家の往復しかしないという人は必要ないかもしれませんが、万が一の場合に備えて、知識として知っておいても損はないと思いますし、ここに書いたような事がないように希望を持って留学生活を楽しんでほしいと思います。

海外留学生活体験談について

海外留学へひとりで行くと、悩みだってそれなりに出てきます。私が留学生活の体験談を公開しますので、留学時の参考にしてくださいね。

もし英会話が本場で通じるか不安な方は、女性限定の英会話スクールへ行っておくとリラックスしながら現時点での英会話のレベルが確認できますよ。

今なら無料体験レッスンが女性限定・初心者専門の英会話スクールで体験できるから羨ましいです。

留学恐怖体験談

海外留学中に実際に起きた恐怖体験談をお話します。あなたも留学前には読んで、予習しておいてくださいね。
関連エントリー
留学に希望を持って留学先ではポケットに手を入れるな狙われやすい留学生外国の電車ではチャイナタウンでの実話